おうちでキャンプ「うちキャン」のススメ

2023年04月27日 | キャンペーン

近年、「ゆるキャン△」という漫画・アニメの影響もありキャンプブームが続いています。

「ゆるキャン△」はキャンプを趣味とする女子高生たちの日常を描く内容です。
<出典:ゆるキャン公式サイト https://yurucamp.jp/>

2000年代に主にアニメ・漫画で流行した、大きな事件を伴わない日常を描く、いわゆる「空気系」「日常系」の作品です。

でもキャンプの楽しさが伝わる絵やストーリーが、幅広い年齢層に支持され、特に作品をきっかけに、モデル地の観光需要は大幅に伸び、経済効果は静岡県だけでも5億~6億円に上ったと言われています。

まだ観たことのない人も「ゆるキャン△」という作品名は聞いた事があるのではないでしょうか?

「ゆるキャン△」を観ると誰でもキャンプに行きたくなります。
でも実際にキャンプをするには意外にも高い壁がいくつもある事に気づきます。

<出典:BE-PAL https://www.bepal.net/archives/106955>

今回はそんなあなたのために「お家でできるキャンプ」略して「うちキャン」の魅力をお伝えします。

 

キャンプは思ったより大変!

「ゆるキャン△」を観るとみんなでワイワイガヤガヤの楽しいキャンプもしたくなりますし、ひとりで行くキャンプ「ソロキャン」にも惹かれる事でしょう。

キャンプに興味があるけれど、敷居が高く感じている人はどんな事で二の足を踏んでいるのでしょうか?

 

・揃える道具が多く高価
キャンプでは電気や水、ガスの無い場所で寝泊まりする訳ですのでその代わりになる道具を揃える必要があります。

キャンプではその道具を携行する必要があります。ですので、軽量で小型であることが必須。
そんな特別な道具なので、どうしても高価なものになってしまいます。

 

・水の確保やトイレ、風呂が無い
涼しい季節なら大丈夫ですが、水の確保やトイレ、風呂が無いため初心者にとっては日常生活を送るのが大変です。

このような日常生活にあたりまえにあるものが無い状態で過ごすことを、ある程度訓練しておかなければならないという事も、キャンプ初心者にとって高いハードルになっています。

 

・キャンプ場に行くのが大変
キャンプは通常、自然の中や自然が近くにある場所で行う事が多いです。
必然的に生活圏から遠いので、まずは「行くのが大変」ということがあります。

 

・不意の体調不良などが心配
自然の中でキャンプをしていると予期しない怪我や体調不良に見舞われる事もあるでしょう。経験値が少ないとそのような心配も大きな悩みの一つです。

 

・キャンプで食事をつくるのが大変
近くにスーパーやコンビニがある訳ではないので、あらかじめ材料をすべて用意しておいたり、調味料を用意したりとキッチンで料理するのとは訳が違うのもキャンプの敷居を高くしています。

 

「うちキャン」のススメ

前述の面倒や心配をすべて解消するのが、自宅でキャンプをする「おうちでキャンプ」略して「うちキャン」です。

でも、素の家で「うちキャン」は少し大変です。「うちキャン」に必要なものや、あると便利なものをピックアップしました。

 

・ウッドデッキ
ウッドデッキがあるだけで「うちキャン」がとてもやり易くなります。

お部屋から段差なく出入りできるウッドデッキは、屋外でありながらリビングの延長感覚でも使える便利な空間です。

お庭との距離が近くなるのも良い点ですし、テントを設置しても、お庭に直接設置するのと違って泥汚れなどがつかないのでお片付けも楽です。

ウッドデッキという天然の素材がコンクリートやタイルと較べて非日常や自然の感じを演出してくれます。

 

・ウッドデッキ屋根
ウッドデッキは庭など屋内から突出した形で設置する事がほとんどです。
そのためにウッドデッキの上に屋根があると雨や雪、強い日差しも遮る事ができます。

もちろん、キャンプの開放感は多少薄れますがウッドデッキは「うちキャン」以外でも洗濯物干しや、居間として日常生活に使う場なので屋根があると利便性が高まります。

 

・シェード付きテラス屋根
開放感と耐候性を兼ね備えたシェード付きテラス屋根も「うちキャン」の楽しみ方を拡げるアイテムです。

寒さや暑さ、風もシェード付きテラス屋根ならうまく調整する事ができるのでウッドデッキにテントを張ってもアウトドア感が減る心配もありません。

 

・ガーデンアネックス
「究極の離れ空間」とも言われるガーデンアネックスも「うちキャン」との相性抜群です。天井・壁部分の開閉を自由自在に行えるので、外の世界から独立したプライベートな居室としても使用できますし、壮大な自然を体感できる屋外スペースとして活用することも可能です。

ガーデンアネックスには車のサンルーフのように屋根全体を開閉できる機能もつけられます。季節や気候に合わせた「うちキャン」が楽しめます。

・目隠しフェンス
隣家や道路側からの視線が気になってしまっては台無しです。
目隠しフェンスがあると「うちキャン」はさらに安心なものになります。

閉塞感の無い、程よく視線をカットできる目隠しフェンスでプライバシーを確保しましょう。

 

・ピザ窯
これは「うちキャン」に絶対に必要というものではありませんが、あると盛り上がるのは間違いないアイテムです。

<出典:Garden Journal https://www.ground-f.com/journal/>

「うちキャン」以外でも拘りのホームピザを作ったりする楽しみがありますね!
弊社グルリテリアでも販売・施工可能です!

 

・贅沢にサウナ!
「ゆるキャン△」でもよく出てきますがキャンプや旅の楽しみのひとつに温泉があります。特に寒い季節の温泉は格別です。

さすがに「うちキャン」で温泉の再現は難しいですが、最近ではマイホームのサウナも人気上昇中です。

<出典:Sauna House https://www.saunahouse.rainbownotes.co.jp/price.html>

色々なサイズがありますので一度、検討する価値のあるオススメアイテムです。
*グルリテリアではサウナ(テントサウナ)のレンタルを近日スタート予定です。どうぞご期待下さい。

 

必要なキャンプ道具

「うちキャン」ではすぐに家の中にアクセスできますので必要なものはすべて家の中から調達できます。

例えば、食器や食材、調味料etc・・これらは普段遣いのものを使えます。でもせっかくの「うちキャン」です。

キャンプ気分が上がるアイテムを用意すると盛り上がります。そんなアイテムをいくつか紹介します。

 

・テント
あえて自宅の庭のウッドデッキでテントを張るのが非日常的でワクワクします。
特に子どもがいる家庭では子ども達の良い思い出になるはずです。

ウッドデッキではペグは使えないので本格的なテントではなくポップアップ式の簡単なものでもいいと思います。

<出典:amazon https://www.amazon.co.jp/>

途中で飽きてしまったり、何か問題あれば家の中に戻ればいいのですから(笑)

 

・キャンプ用テーブルセット
これは絶対に欠かせないアイテムですよね!

<出典:CAMP HACK https://camphack.nap-camp.com/>

キャンプ用のチェアやテーブルは見ているだけで気分が上がります。
好きなブランドのものを選ぶ楽しみもありますよね。

またこれらのアイテムは「うちキャン」以外でも使えるので持っておくと便利です。

例えば普段はチェアをひとつトランクに積んでおけば好きな場所で読書する時も贅沢な時間に変わります。

 

・BBQセット
「うちキャン」でも本格的なキャンプでも必要不可欠なのはBBQセットです。
BBQは年中楽しめますし、家族の成長と合わせて長く楽しめるうえに良い思い出になります。

BBQに必要なアイテムは意外に多いです。
グルリテリアではキャンプ初心者でも簡単にBBQを楽しめるアイテムが揃えられるようにBBQ用品の販売も予定していますのでお楽しみに!

 

・ランタン
これは必須ではありませんが消灯した後にランタンを使うとキャンプ気分が盛り上がるだけではなくゆったりした気分になります。

<出典:ランドネ https://funq.jp/randonnee/>

ランタンは暗闇を照らすだけでなく、色や形や光の強さによって人の心にも影響を与えます。

例えば、赤いランタンは情熱や活力を感じさせると言われていますし、青いランタンは冷静さや安らぎを感じさせると言われています。

また、丸いランタンは柔らかさや優しさを感じさせると言われていますし、角ばったランタンは硬さや厳しさを感じさせると言われています。

 

・バイオエタノール暖炉

<出典:eco smart+ https://ecosmartfire.mmlproducts.com/>

ランタンは家の中では使いづらいですが「電気」「ガス」不要で煙もススもでないバイオエタノール暖炉ならお庭でも家の中でも使えるので便利です。

リビングに置けば居ながらにしてキャンプの雰囲気を楽しめます!

弊社グルリテリアでもエコスマートファイアという高品質なバイオエタノール暖炉を取扱い(販売)しています。

 

プチ「ソロうちキャン」から始めませんか?

特にまだ子どもが小さくて将来、家族でキャンプをしたいと考えている人はまずは練習を兼ねて一人でプチ「ソロうちキャン」はいかがでしょうか?

テントを張らなくてもいいので好きな飲物と本を持ち出し、お気に入りのキャンプチェアでゆっくり。超贅沢な時間を過ごせますよ。

ソロキャンには心理的効果も期待できます。

自宅のお庭とは言え、外という自然で過ごすことでストレス軽減・疲労回復効果があります。

また自宅の庭のお気に入りの緑や花などの中に身を置くことでリラックスできます。

最近ではひとり用の「焚き火台」もありますが焚き火のリラックス効果は実証済みです。
深いリラックス感を得られます。
また、何よりも自分と向き合う時間を持つことがとても良いです。

 

まとめ

「うちキャン」ができる外構を用意する事で家族や自分だけの時間が贅沢な時間になるだけではありません。

仲間や友人との語らいの場としても「うちキャン」は使えます。

今回、ご紹介したアイテム以外にも「うちキャン」を充実させるものがたくさんあります。

「うちキャン」は自分や家族の成長と共にかけがえのない思い出を提供してくれます。

「うちキャン」で慣れたら本格的にアウトドアでのキャンプを趣味にするのも良いですね。

グルリテリアでは「うちキャン」向きの施工実績も多くあります。是非、お気軽にご相談下さい。

あなたのライフスタイルに合ったアドバイスをさせていただきます。

GURULI TERIOR(グルリテリア)ではお家の周りを囲むすべての理想や夢を私たちがお客様と共にかなえます。

形ある「モノ」をお届けするだけでなく職人やデザイナーの「ヒト」のひと手間を添えることでお家のまわりだけでなく

お客様の暮らしまでも「ぐるり」と豊かにしたいそれがグルリテリアのお届けするエクステリアです。

ぜひ、お気軽にご質問や見積もりなどお声かけ下さい。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

GURULI TERIOR

グルリテリア

〒562-0013 大阪府箕面市坊島1-3-39 1F
TEL 072-739-6090

平 日 10:00 – 19:00
土日祝 10:00 – 18:00
定休日 水曜日

 

【駐車場のご案内】
小倉山荘(和菓子店)北側の東隣の敷地
5番・6番が当店専用駐車場となっておりますので
そちらをご利用下さい。

運営:有限会社S.I.K.(エスアイケイ)