外からの視線が気になる玄関の目隠しにオススメの方法5選

2024年05月13日 | 門まわり

玄関は家の顔とも言われる重要な場所ですが、外から見えすぎるとプライバシーが守られないと感じる方も多いでしょう。

また、玄関が丸見えだと防犯上のリスクも高まります。

そこで、今回は外構で玄関の目隠しをするオススメの方法をご紹介します。

ご自身の家の状況や予算に合わせて選んでみてください。

 

フェンスや塀で目隠しする

フェンスや塀は、玄関の目隠しに最も一般的な方法です。

フェンスや塀は、外からの視線を遮るだけでなく、敷地を区切ってセキュリティを高める効果もあります。

また、デザインや素材によって、家の雰囲気を変えることもできます。

例えば、木製のフェンスはナチュラルな印象を与えますし、コンクリートやブロックの塀はモダンな印象を与えます。

フェンスや塀の高さや幅は、自治体の条例によって制限される場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

フェンスや塀のメリットは、目隠し効果が高く、耐久性があることです。

デメリットは、工事費が高くかかることや、日当たりや風通しが悪くなることです。

 

植栽や鉢植えで目隠しする

植栽や鉢植えは、玄関の目隠しに自然な方法です。

植栽や鉢植えは、フェンスや塀と違って柔らかい印象を与えますし、季節によって花や葉が変化して楽しめます。

また、空気を浄化したり、香りを楽しんだりすることもできます。

植栽や鉢植えは、玄関前に直接植える場合と、プランターなどに入れて置く場合があります。

直接植える場合は、土壌や水はけの状況に注意してください。

プランターに入れる場合は、移動や配置が自由にできる利点があります。

植栽や鉢植えのメリットは、目隠し効果が自然で美しく、工事費が安く済むことです。

デメリットは、手入れが必要なことや、枯れたり倒れたりするリスクがあることです。

 

カーテンやシャッターで目隠しする

カーテンやシャッターは、玄関の目隠しに室内から行う方法です。

カーテンやシャッターは、外から見えないようにするだけでなく、室内の温度や明るさを調整する効果もあります。

また、カーテンやシャッターは、色や柄や素材によって、室内の雰囲気を変えることもできます。

カーテンやシャッターは、玄関の窓に取り付ける場合と、玄関のドアに取り付ける場合があります。

窓に取り付ける場合は、カーテンレールやブラインドなどが必要です。

ドアに取り付ける場合は、ロールスクリーンやロールシャッターなどが便利です。

カーテンやシャッターのメリットは、目隠し効果が高く、開閉が簡単なことです。

デメリットは、外からの視線を完全に遮れない場合があることや、カビや汚れに注意する必要があることです。

 

パーゴラで目隠しをする

パーゴラとは、柱と横木で作られた屋根のない構造物で、日除けや装飾などに使われます。

パーゴラで玄関の目隠しをするメリットは多くあります。

まず、 柱と横木の間隔や角度を調整できるので、光や風の量をコントロールできます

次に、柱と横木にツタやカーテンなどをかけることができるので、目隠し効果を高められます

他にも、柱と横木の素材や形状を選べるので、建物や外構との調和がとれます

さらに、柱と横木にランプやオーナメントなどを飾ることができるので、夜間も美しくなります

しかし、パーゴラで玄関の目隠しをするときに注意すべき点があります。

それは、柱と横木が雨や風にさらされるので、腐食や劣化に注意しなければなりません。

また、柱と横木が重量に耐えられるようにしっかり固定しなければなりません。

そして、柱と横木が頭や手などにぶつからないように高さや位置に注意しなければなりません。

 

ガラスブロックを使う

ガラスブロックは、透明または半透明のガラスで作られたブロックで、通常、壁や仕切りなどの建築目的に使用されます。

この方法の利点には以下のようなものがあります。

まず、光を通すため、玄関エリアは暗くなりません

さらに、ガラスブロックには多彩な模様や色が存在し、デザインの多様性が高まります

同時に、ガラスブロックは防音性や断熱性に優れており、居住環境の快適さを向上させます

さらに、ガラスブロックは耐久性と耐火性に優れているため、安全性も向上します

ただし、ガラスブロックを使用する際には以下の点に留意する必要があります。

施工には専門的な技術と特別な道具が必要であるため、費用が高くつくことがあります

さらに、ガラスブロックは重いため、基礎や柱などの建築構造の強度に注意を払う必要があります

また、ガラスブロックは壊れやすいため、衝撃に対しても十分な注意が必要です

 

まとめ

今回は外構で玄関の目隠しにオススメの方法を3つご紹介しました。

フェンスや塀、植栽や鉢植え、カーテンやシャッターのそれぞれには、メリットとデメリットがありますので、ご自身の家の状況や予算に合わせて選んでみてください。

玄関の目隠しは、プライバシーやセキュリティだけでなく、家の見た目や雰囲気にも大きく影響します。ぜひ、自分好みの玄関を作ってみてください。

グルリテリアでは豊富な施工実績がありますのでお気軽に事前相談をしてみて下さい。

予算や状況にあったベストなご提案を致します!

 

GURULI TERIOR(グルリテリア)ではお家の周りを囲むすべての理想や夢を私たちがお客様と共にかなえます。

形ある「モノ」をお届けするだけでなく職人やデザイナーの「ヒト」のひと手間を添えることでお家のまわりだけでなく、お客様の暮らしまでも「ぐるり」と豊かにしたい…それがグルリテリアのお届けするエクステリアです。

ぜひ、お気軽にご質問や見積もりなどお声かけ下さい。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

GURULI TERIOR

グルリテリア

〒562-0013 大阪府箕面市坊島1-3-39 1F
TEL 072-739-6090

平 日 10:00 – 19:00
土日祝 10:00 – 18:00
定休日 水曜日

 

【駐車場のご案内】
小倉山荘(和菓子店)北側の東隣の敷地
5番・6番が当店専用駐車場となっておりますので
そちらをご利用下さい。

運営:有限会社S.I.K.(エスアイケイ)