マイホームを初めて建てる人のための「間違いだらけの外構についての基礎」

2022年10月10日

マイホームは一生に一度の大きな買い物になります。

そのために可能な限り妥協せずに理想の家を建てたいと思うでしょう。

でも、分からない事ばかりだし、建築会社や設計事務所に任せっきりも少し心配。

そんなマイホーム初心者マークのあなたのために間違いだらけのあんな事、こんな事を詳しく解説していきます。

今回は「外構」についてお伝えします。

 

そもそも外構とは?

「外構」という言葉は元々、建築用語なので一般の人はあまり使わないものかもしれません。

建築の業界では「外構」とは、塀や植栽、玄関アプローチなどの構造物全体を表す事が多いです。例えていうなら、お家は体、外構はお洋服のように大切なものです。

外構は

  • 車庫
  • カーポート
  • 土間
  • アプローチ
  • 垣根
  • 庭木
  • 物置
  • 外灯

までも含む幅広いものです。

建築、特に住宅においては建物が主役ではあるものの、建物だけでは不十分なのです。

門や柵の無い住宅が無い事から分かるように外構とは目立たないけれど、とても大切な要素なのです。

 

外構とエクステリアはどう違うの?

エクステリアという言葉は日常生活でもよく使われるものになっています。

外構を英語に直訳するとエクステリア(exterior)となります。エクステリアの語源である英語の exterior は、もともと「外部の」「外側の」という意味の名詞または形容詞です。

語源はラテン語で「外側(の)」を意味する「exter」と、形容詞の比較級をつくるラテン語の語尾「-ior」から構成されています。

この事からも主に住宅・建築の分野において「屋外の設備」全般を指す意味で用いられる表現である事から「外構」という言葉と極めて近い意味をもっています。

単に「建物の外観」という意味で用いられる場合もあります。庭、外壁、塀、垣、庭木や池などを指す事もあります。

しかし慣習的に「外構」とは、門やフェンス、カーポートといった家の外側を構成する構造物そのものを指す事が多いです。

「エクステリア」を構成するのがいくつもの「外構」というパーツと考えるとイメージし易いのではないでしょうか?

 

外構工事はトラブルに注意

マイホームを建てようとした時、家そのものやインテリアについては多くの方が興味や拘りをもっています。

外構に関しては建物に較べて分かりにくいという事もあり考えるのがどうしても建物の次に・・という考えの方が多いです。

しかし、外構はひとつひとつは予想以上に予算も時間もかかる事が多いです。

実際に

  • 工期が伸びる
  • 期待していたイメージと違う
  • 仕上がりの質感が違う
  • 隣近所から工事の音がうるさいというクレーム
  • 工事車両で近隣の道路が汚れる

というトラブルが起きています。

厄介な事に「工事完了の直後」だけでなく、「工事完了から時間が経ってから」もトラブルになる事もあります。だから慎重に選ぶ事が大切なのです。

建物に関してはモデルルームや既に建築された家などを「見る事」で色味や質感などを確認する事でイメージと現物のすり合わせが出来ますが

外構に関してはなかなか現物確認や比較検討しにくいという事があります。

ですから事前に近い事例を業者にお願いして出来るだけ見学したり、サンプルを見たり、触ったりしてイメージをしっかりもてるようにする事が理想的です。

具体的には平面図 を立体図にしてもらったり、
カタログから実物のサンプルを取り寄せて見て・触ったりするという事です。

そのような手間をいとわない建築業者と話し合う事が大切です。

 

外構工事用の費用にも注意

はじめに意識しておかなければいけない事として外構工事はあなたの想像よりも高い事が多いという事です。

あくまでも一般的な基準ですが外構工事は100万円~300万円というケースが多いです。

住宅建築にばかり気をとられて外構工事の予算が少ないと建物とのバランスが悪くなるなどの悪影響が出てくる可能性があります。

よく私どもで説明の時に分かりやすくするための例え話に使う事例が
「普通自動車を1台停めるための外溝工事がおおよそ100万円ほどかかる」という事です。

家の建築会社と同じ業者が外構の工事をするのでしたらすべての工事の総額など比較的容易に知る事ができますが、別々で行う場合は注意が必要になります。

そのためにも家と同時に事前の見積もりをしっかりとする事を忘れないで下さい。
ちゃんと自分のしたい外構費用がどれぐらいかかるのかを把握しておくことが大事です。

見積もりは必ず複数(2~3件)はとり、またなぜ、価格差があるのか?理解する事も大切です。見積もりは建物完成のギリギリではなく、早めにとる事をオススメします。

 

まとめ

「外構」は「建物の外観」という意味で用いられ、門やフェンス、カーポートといった家の外側を構成する構造物そのものを指す事もありますが、「庭、外壁、塀、垣、庭木、池」などを指すなど広義なものです。

理想の住宅には家の建物だけではなく外構が重要だという事を是非、気に留めておいて下さい。

GURULI TERIOR(グルリテリア)ではお家の周りを囲むすべての理想や夢を私たちがお客様と共にかなえます。

形ある「モノ」をお届けするだけでなく職人やデザイナーの「ヒト」のひと手間を添えることでお家のまわりだけでなく

お客様の暮らしまでも「ぐるり」と豊かにしたいそれがグルリテリアのお届けするエクステリアです。

ぜひ、お気軽にご質問や見積もりなどお声かけ下さい。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

カテゴリー

GURULI TERIOR

グルリテリア

〒562-0013 大阪府箕面市坊島1-3-39 1F
TEL 072-739-6090

平 日 10:00 – 19:00
土日祝 10:00 – 18:00
定休日 水曜日

お車でお越しの方は当店専用駐車場をご利用ください
中西モータープール 58番
(箕面市箕面4-8-52)

※満車の際はお電話ください。近隣のパーキングをご案内させていただきます。

運営:有限会社S.I.K.(エスアイケイ)