初めての外構のペンキ塗りの基本

2023年07月24日 | 外構お役立ち情報

マイホームは一生に一度の大きな買い物になります。

そのために可能な限り妥協せずに理想の家を建てたいと思うでしょう。

でも、分からない事ばかりだし、建築会社や設計事務所に任せっきりも少し心配。

そんなマイホーム初心者マークのあなたのために間違いだらけのあんな事、こんな事を詳しく解説していきます。

今回は「初めての外構のペンキ塗りの基本」についてお伝えします。

 

外構の塗り替えのタイミング

最初はあんなに綺麗だった我が家も年数が経つ事でだんだんと劣化していくことは避けられません。

特に外構の塗装は住んでいると目が慣れてしまい経年の変化に気づかない事が多いです。

久しぶりに我が家を訪ねてきた人に指摘される事もめずらしくありません。

外構で真っ先に塗装の経年劣化が分かるのは表面積の大きい「塀」です。

一般的に塀は、コンクリート塀とブロック塀があります。それぞれ塗り替えを考えるタイミングが異なります。

 

・ブロック塀

ブロック塀は、表面の凹凸に水がしみこみやすいことが特徴です。

しみこんだ水は、中からブロックと塗装のすき間に入り込んで塗装を押してはげやすくしてしまいます。

また凹凸が水を含むことでコケやカビが生えやすいこともコンクリートブロック塀の特徴です。

そのため一般的にブロック塀には透湿性のある塗料を使用しますが、塗り替え時期は塗料の耐用年数にかかわらず、汚れや塗装の状態に応じて早めのサイクルで行うことがポイントです。

 

・コンクリート塀

一方、コンクリート塀は、ブロック塀のようには水を吸い込まないため塗装も比較的長持ちします。

基本的には家の外壁と同様に、壁の状態を確認し、使用している塗料の劣化状況にあわせて塗り替えになります。

劣化の症状としては、最初に色あせを感じはじめ、やがて塗料に含まれた顔料が白い粉状になるチョーキング現象や、塗装に細かなひび割れが発生するクラック現象が現れます。

さらに劣化が進むとコンクリート塀そのものがダメージを受けるため、劣化を感じた時点で塗り替えを検討するようにしてください。

 

・ウッドデッキ

屋外に設置され日光や雨にさらされるウッドデッキは常に過酷な状態にあります。

そのため、長持ちさせるためには定期的な塗り替えが絶対に必要です。

<タイミングを見分けるポイント>
塗料が色あせて木の色が薄くなってきた、またはムラが出てきたときには塗料の効果が落ちてきているサインです。

また、水分を含み、カビで黒くなっている、コケが生えているときにも早めに塗り替えを行いましょう。

ウッドデッキは塗装をサボると塗料の保護の効果がなくなって、木材自体が劣化した場合には塗装による修復はできません。

早め早めに劣化を感じる前に、定期的なメンテナンスをおすすめします。

 

・門扉

門扉は出入りの度に人が触れるという外構では特徴的なものです。

多くの場合、金属製の門扉を使うのですがこの金属製の門扉は、紫外線による変色が発生し、劣化が進むと外壁を触って指に白い粉が出てきます。

その白い粉の正体は、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になってしまい、塗膜表面に現れたものです。チョーキング現象と呼ばれるものです。

門扉はこの段階で、塗り替えることをおすすめします。

放置するとやがて塗装の効果が失われ、サビが発生してきます。

門扉の素材自体が劣化してしまうと、門扉自体を取り換える必要がでてくるため、早めのサイクルでメンテナンスをお勧めします。

 

コンクリートの塗装方法

コンクリートの塗装方法はカラークリヤー塗装と弾性塗装、撥水剤があります。

 

・カラークリヤー塗料

コンクリート塗装の種類の1つ目にカラークリヤー塗料があります。

カラークリヤー塗料は修繕のあとを目立ちにくくすることができるだけでなく、撥水性にも優れており、塗料自体の耐久性も高いため、一度塗装すれば長い期間維持できるというメリットがあります。

しかし、塗料自体の価格が高いため、広い範囲の塗装を実施する際は再度検討して決める必要があるでしょう。

 

・弾性塗料

コンクリート塗装の種類の2つ目に弾性塗料があります。

弾性塗料は塗料自体が伸びる塗料です。

ひび割れに塗膜がつきやすい性質を持っているのでひび割れの表面化を防ぐことができたり、凹凸がある外壁のひび割れ防止にも役立てることができます。

しかし、塗料自体のコストが高く、塗料を塗り重ねていくためコンクリート自体の良さがなくなるというデメリットもあります。

 

・撥水剤

コンクリート塗装の種類の3つ目に撥水剤があります。

撥水剤の塗料自体は水を弾くことだけに特化した透明な塗料であるため、汚れや補修部分を目立たせることはできず、雨水を弾くことしかできません。

また、塗料の価格は安く済みますが、塗料自体の耐久性が低いので、短い期間で塗り直しを検討する必要があります。

 

 

コンクリート塗装の注意点

コンクリート塗装をする際には、塗装の前に注目しておく点があります。

それはひび割れです。

ひび割れを見つけたらすぐに修繕することが大切なポイントです。

壁にひび割れが起きている場合、サビによる腐食が進んでいることがあるため、サビを進行させないためにも必ず修繕をした後にコンクリート塗装を施すようにしましょう。

また、塗装した壁を綺麗に見せるためにも、ひび割れを修繕してから塗り直しをするようにしましょう。

また、コンクリートはひとつの目安として「10年に1度程度は塗り替えをする」ことが必要と考えて下さい。

カラークリヤーや撥水剤といった塗料などは効果を10年間維持させることはできないです。

そのため、外壁の状態を良好に保つためにも、10年に1度程度は塗り替える必要があります。

また、雨漏りや壁のひび割れを防ぐためにも、定期的な塗料の塗り替えを行うことが大事です。

 

外構の塗り替えはどこに頼む?

外構の塗り替えはまず「施工実績」を重視しましょう。

ホームページなどで施工実績をきちんと見せている業者は安心できます。

塗装業には、「塗装技能士」という国家資格があります。

この塗装技能士は1級から3級まであります。

このうち1級は実務経験が7年以上ある人だけに受験資格が与えられ、学科試験と実技試験をパスしなければなりません。

きちんとした実績と経験がなければこの資格は与えられないのです。

塗装を依頼するときには、業者のホームページなどで1級塗装技能士の有資格者がいるかを確認しましょう。

しかし注意点もあります。

業者によっては、1級塗装技能士がいるというだけで、施工は別の職人が行っていることがよくあります。

別の職人さんが施工するのがダメという訳ではありませんが、同時に施工実績などを確認してチェックする事も大切です。

また、塗装工事に関しては、請負金額が500万円未満であれば許可なく営業が可能です。

ですから、その業者の技術を判断する材料が足りない事もあります。

そこで建設業の許可を取っている業者はひとつの判断基準になります。

建設業の許可を取るには、塗装工事業に必要な資格を持った専任技術者を置く必要があるなどの条件を満たさなければならないため、一定のレベルに達していると判断できます。

門扉や塀の塗り替え工事を依頼するときには、建築業の許可を得ている塗装業者を選ぶと安心です。

 

まとめ

外構のメンテナンスはとにかく「安さ」にこだわったり、場合によってはもっと安くあげるためにDIYを検討する人も多いです。

しかし、外構は常に雨や風、太陽の光や紫外線にさらされている事が多いです。

一時的に安く仕上げても結局、耐久性が低かったり、仕上げが酷いとやり直しが必要になります。

グルリテリアでは多くの外構の塗装の実績がありますので安心してご用命下さい。

GURULI TERIOR(グルリテリア)ではお家の周りを囲むすべての理想や夢を私たちがお客様と共にかなえます。

形ある「モノ」をお届けするだけでなく職人やデザイナーの「ヒト」のひと手間を添えることでお家のまわりだけでなくお客様の暮らしまでも「ぐるり」と豊かにしたい…それがグルリテリアのお届けするエクステリアです。

ぜひ、お気軽にご質問や見積もりなどお声かけ下さい。

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GURULI TERIOR

グルリテリア

〒562-0013 大阪府箕面市坊島1-3-39 1F
TEL 072-739-6090

平 日 10:00 – 19:00
土日祝 10:00 – 18:00
定休日 水曜日

お車でお越しの方は当店専用駐車場をご利用ください
中西モータープール 58番
(箕面市箕面4-8-52)

※満車の際はお電話ください。近隣のパーキングをご案内させていただきます。

運営:有限会社S.I.K.(エスアイケイ)